コミカルな踊りと風貌で、現在では宴会として知られているどじょうすくいですが、ある民謡と深い関わりがある日本の伝統文化なのです。どじょうすくいとはどのようなものなのでしょうか。

どじょうすくい

 

どじょうすくいの歴史とは

 

頭にてぬぐいを巻き、腰にビクを付け、ざるを手に持ち「あら、えっさっさ〜」の掛け声とともにコミカルに踊るどじょうすくいですが、生まれたのは、江戸時代であると言われています。どじょうすくいは江戸時代末期、酒好き(飲んべえ)によって、なんと偶然に誕生しました。

 

島根には「安木節」という郷土民謡があります。

 

安木節とは

 

安来節の起源は、今をさかのぼること三百余年前、時は元禄太平の世、ちまたでは大衆文化が花開き、歌舞音曲の流行華やかなりし頃。その頃の、出雲の国の安来の郷の様子は、波静かなる中海に面した天然の良港で、奥出雲地方で採れた米や砂鉄を搬出するための物資の集散地として繁栄をきわめていました。

 

往時は全国津々浦々を巡る北前舟等の寄港に伴い船乗りの出入りが激しく、彼らを通じての民謡の交流も盛んで、「佐渡おけさ」「追分節」等々が歌われていたようです。

 

そんな折、船乗達で賑わう安来の花街には「おさん」という美声の芸妓がおり、これらの民謡をベースに自分でアレンジいたしたものを「おさん節」と称して節回し面白く歌っていたものが、今日の安来節の原形だといわれています。

 

文明開化の明治になって、安来の郷の研究熱心な人々の手によって「おさん節」に研鑽労苦が重ねられ、未完成であった安来節の姿が徐々に整えられていきました。

 

そして、この安来節は出雲地方で大流行し、ついには明治44年に正調安来節保存会が創設され、名実共に安来節を不動のものにしました。(安木市観光協会HPより引用)

 

どじょうを酒の肴に酒を飲んでいた飲んべえたちが、どじょうをすくう真似をしながら安木節に合わせ、面白おかしく踊ったことから、どじょうすくいが誕生したと言われています。安木節には欠かせない踊りとなりました。

 

男踊りと女踊り

 

どじょうすくいは、男女でその踊りかたやいで立ちに違いがあります。

 

男踊り

  • 面白おかしく踊る
  • かすりの着物・ももひき・鼻あて(鼻に銭)・腰ビク・ザル・豆絞りの手ぬぐい

 

女踊り

  • 美しく軽快に踊る
  • かすりの着物・姉さんかぶり・赤いたすき・小さめのザル

 

振付も違い、宴会でよく見るのは男踊りの方です。