現在も多くのファンを抱える歌舞伎。歌舞伎は数百年続く日本の伝統芸能のひとつでもあります。

 

最近では、若い女性のファンも多く、敷居が高いイメージに変化が訪れようとしています。そんな歌舞伎とはどのような伝統文化なのでしょうか。

 

歌舞伎座

 

歌舞伎の歴史

 

歌舞伎は江戸幕府が開府された1603年慶長8年、教科書にも載っているほど有名なあの「出雲の阿国」によって生み出されたと言われています。

 

阿国が始めたかぶき踊りが歌舞伎のルーツで、ど派手で奇抜なファッションや行動などをしていた社会的な風潮「かぶき者」を真似、舞台上で演じたことが始まりとなりました。あの織田信長もかぶき者と呼ばれていたことはあまりにも有名です。
歌舞伎の特徴のひとつとして、舞台上で演じるのが全員男性だということが挙げられます。

 

女役を演じる役者を女方と言い、体つき、声、話し方、しぐさなど独特の女性らしさの表現により、つやっぽい女性を見事に魅せることも歌舞伎の魅力のひとつです

 

最近では着物を着こなした若い女性たちが観劇することも多くなりました。

 

カラフルなメイク隈取も歌舞伎の特徴

 

歌舞伎の特徴として、役者たちがメイクを施していることが挙げられます。これは隈取(くまどり)といい、歌舞伎の象徴のようなメイクです。そのメイクは役によってさまざまで、正義、悪、怒り、妖怪など多くの意味を表現しています。

 

最近では、隈取を施したフェイスパックなども販売されており、外国人観光客のお土産品としても人気となっています。

 

身近に感じる歌舞伎

 

歌舞伎観劇というと、どうしても敷居が高く感じるかもしれませんが、堅苦しい決まりごとはあまりありません。着物を着こなして観劇している人も多くいますが、ドレスコードなどもないため、どのような服装でも構いません。

 

役者は昔の言葉でセリフを言っているためはじめは分かりづらく感じるかもしれませんが、イヤホンガイドや字幕ガイドなどでサポートしてくれるので安心です。

 

歌舞伎と言えば東京オリンピックのメイン会場国立競技場の設計をした隈研吾さん作の歌舞伎座が有名ですが、新橋演舞場や大阪松竹座などさまざまな会場で観ることができます。チケットはインターネットで簡単に取ることができるため、若い人の観劇も年々多くなっているようです。