縦に長い日本は、はっきりとした四季を感じることができる国です。季節になると咲き乱れる花を器に挿すだけではなく、そこにこの世を表現する伝統文化である華道が発展しました。

 

日本の華道文化とはどのようにして受け継がれてきたのでしょうか。

 

床の間の花

 

日本華道の歴史とは

 

日本の華道の歴史は、日本という国そのものの気質から発展していったものではないかと思います。普段私たちが行っている仏壇に花を飾り手をあわせる、この行為こそが日本華道の始まりであると言われています。

 

仏教や神道が伝えられている日本では、仏様に花をそなえる「仏前供花」が行われてきました。日本人にとって、花は身近で特別なものであったと思われます。

 

その後華道へと発展させる一人の僧侶が現れます。それが池坊専慶です。専慶は日本最古の家流、池坊の開祖となった人物。武家屋敷に招かれた際、生けた花が話題となり、華道文化が大きく前進したと言われています。

 

専慶の時代では「立花(りっか)」と呼ばれる方法が主流でしたが、その後、時代に合わせ変化していきます。

 

立花→生花→盛花→投げ入れ花→自由花

 

日本の華道は西洋のフラワーアレンジメントとは違い、美しさを愛でるだけでなく、そこにこの世の森羅万象を表現しています。

 

人の心や命の尊さなど、この世そのものを込める伝統芸術なのです。現在でも習い事として華道を選択する人は多く、愛される日本独自の伝統文化のひとつとなっています。

 

さまざまな流派

 

日本に華道が生まれ伝統文化として伝えられる過程で、さまざまな流派が生まれました。

 

  • 華道家元池坊・・・日本最古の家流。華道の根源
  • 草月流・・・自由な表現を求め勅使河原蒼風によってつくられる
  • 小原流・・・小原雲心によって盛花がつくられる
  • 嵯峨御流・・・嵯峨天皇が菊を花瓶に挿したことから始まった
  • 古流・・・江戸時代に始まった流派
  • 遠州流・・・明治など近代日本で人気だった流派
  • 未生流・・・計算しつくされた美しさが特徴