世界中に、客人をお茶でもてなすティーセレモニーがありますが、日本の茶道は、禅や仏教、さびさび、もてなしの心などさまざまな要素を取り入れた独自の文化です。日本の茶道について見ていきましょう。

 

抹茶

 

茶道の歴史

 

茶道の始まりは鎌倉時代、茶祖と言われている栄西が大陸より、茶の種を持ち帰ったことにより、お茶が飲まれるようになったと言われています。

 

しばらくは茶を楽しむことが中心となっており、きらびやかなお茶会も開かれていたようです。そこに登場するのは村田珠光という茶人。

 

珠光は、それまでの茶の湯とは正反対の質素で地味な様式、禅の心を取り入れます。これを「わび茶」と呼んでいます。このわび茶はまだ未完成なものでしたが、正式な茶道へとさらに完成させていったのが千利休です。

 

わびさびの精神を取り入れた千利休の茶道とは

 

千利休によって完成された日本の茶道は、わびさびの精神を取り入れたおもてなしの美学、まさに日本式の文化です。

 

それまでは大陸がら伝えられた茶器などを使用していた日本の茶の湯ですが、この時期、すべてにおいて日本独自のものに変化しています。

 

利休が唱えた言葉「和敬清寂(わけいせいじゃく)」には、その思いが込められています。現代では、茶道の心得として知られています。

 

和敬清寂(わけいせいじゃく)とは

 

  • 和・・・お互いに仲良く楽しむ
  • 敬・・・お互いに尊敬し合う
  • 清・・・自らの心を清らかに
  • 寂・・・何事にも動じず不要なものを捨て去る

 

おもてなしの心の重要性は、このような教えにも表れています。

 

利休七則

  1. 茶は服のよきように点て(相手に気配りし心を込める)
  2. 炭は湯の沸くように置き(表面だけでなく本質を見極める)
  3. 夏は涼しく冬暖かに(季節によって変化を)
  4. 花は野にあるように生け(余分なものは捨て去り自然と命を大切に)
  5. 刻限は早めに(時間と心に余裕を持つ)
  6. 降らずとも傘の用意(何事にも動じず適切に対処)
  7. 相客に心せよ(互いに敬い尊重し合う)

 

三千家

 

茶道にはさまざまな流派が誕生していますが、千利休の流れをくむ3つの流派を「三千家」と呼んでいます。

 

武者小路千家・表千家・裏千家

 

このようなさまざまな流派が利休の死後、長きに渡って日本の茶道の伝統と文化を受け継いで後世に伝えています。