日本人の伝統食と言える和食は、ユネスコ無形文化遺産にも登録された独自性のある食文化です。健康にもとても良いとされ、海外からの注目を集めている和食について見ていきましょう。

 

和食

 

日本の伝統食文化和食

 

私たちが普段何気なく食べている和食は、日本人にとっても伝統的な食文化であり、単なる食事、料理としてだけでなく、日本人に受け継がれてきた心や習わしが深く関係してます。

 

和食とはどのようなものなのか、和食の4つの特徴を見てみましょう。

 

多様で新鮮な食材とその持ち味の尊重

日本の国土は南北に長く、海、山、里と表情豊かな自然が広がっているため、各地で地域に根差した多様な食材が用いられています。また、素材の味わいを活かす調理技術・調理道具が発達しています。

 

健康的な食生活を支える栄養バランス

一汁三菜を基本とする日本の食事スタイルは理想的な栄養バランスと言われています。また、「うま味」を上手に使うことによって動物性油脂の少ない食生活を実現しており、日本人の長寿や肥満防止に役立っています。

 

自然の美しさや季節の移ろいの表現

食事の場で、自然の美しさや四季の移ろいを表現することも特徴のひとつです。季節の花や葉などで料理を飾りつけたり、季節に合った調度品や器を利用したりして、季節感を楽しみます。

 

正月などの年中行事との密接な関わり

日本の食文化は、年中行事と密接に関わって育まれてきました。自然の恵みである「食」を分け合い、食の時間を共にすることで、家族や地域の絆を深めてきました。(農林水産省公式HPより引用)

 

和食はユネスコ無形文化遺産にも登録されていますが、登録された理由は、単なる料理に対してではなく、「自然を尊ぶ」という日本人の気質に基づいたに関する習わしが評価された点なのです。

 

興味深い和食の世界

 

和食を作り出す項目が非常に興味深い中身となっています。

 

和食は、食材、料理、栄養といった平面の三面体に、もてなしをプラスした四面体にすることで、一気に立体的な造りとなります。和食が豊かな食文化である理由がここにあります。

 

和食の種類

 

和食にはいくつかの種類があり、それぞれに意味が違います。

 

本膳料理

もっとも本格的な和食料理で、基本は二汁五菜。非常に細かい食事作法があるのも特徴のひとつです。明治時代以降にはあまり登場することがなくなり、儀式的な意味合いを込め、冠婚葬祭の時に使用されています。

 

会席料理

本膳料理をカジュアルにしたコース料理。お酒をたしなみながらがの酒宴料理です。一汁三菜を基本に、お通し、揚げ物、蒸し物、和え物、酢の物などの肴、最後にご飯とみそ汁、香の物、水菓子で締めます。

 

懐石料理

会席料理と読み方は同じですが、中身は違います。懐石料理は、もともと俳人が食べていた料理のことで、茶の湯でふるまわれた簡単な軽食を指します。

 

精進料理

仏教の戒律に基づき殺生や煩悩に働きかけることをしない料理のことです。肉などの動物性の食材は使用せず、野菜や豆類を使用します。葬儀などで出されることが多い料理です。