日本は長い歴史があり、その中で育まれた伝統と文化は多岐にわたります。そんな日本の文化と伝統は海を渡り、海外でも注目されているものもあるのです。さまざまな日本の文化と伝統について見ていきましょう。

 

日本国旗

 

どのような文化と伝統があるのか

 

日本はとても長い歴史がある国です。その長い歴史の中でさまざまな文化が生まれました。

 

日本は世界で唯一日本であり続ける国

 

世界の多くの国は、その時代により国の名前や民族など、さまざまな事柄が変化しています。

 

数千年の長い歴史がある国といって思い出すのは中国ですが、中国は王朝が変わる度に、清や明、唐など、国の名前を変えてきました。

 

日本の場合、敗戦により一時アメリカ軍の占領下に置かれたことはありますが、その民族も国名も変わることなく存在し続けてきました。

 

このように長い間日本であり続けたことにより、日本独自の文化や伝統が生まれたと言えるでしょう。

 

華道

室町時代に、今の華道の原型ができました。そもそも日本人にとって花はとても重要で身近なものであり、自然に命が宿っていると言われてきました。

 

僧侶である池坊専慶によって、華道の様式が確立されたと言われています。

 

茶道

茶道の歴史は鎌倉時代にまでさかのぼり、僧侶である栄西が大陸より茶を持ち帰り、茶を飲む習慣を取り入れたことから始まると言われています。

 

その後お茶会という形で伝えられていましたが、安土桃山時代、かの有名な千利休によって、わびさびやもてなしの文化が加えられさらに発展しました。

 

書道

書道は大陸から漢字と仏教が伝来したことにより、一気に花開いたとされる文化です。奈良時代になると、経典を書写する写経が広まり、書道文化はさらに発展しました。

 

着物

着物は日本独自の文化であり代表的な民族衣装です。現在では、特別な機会に着用することが多くなりましたが、昔は日本人の衣服と言えば着物でした。

 

現在、その伝統や美しさなど、特に若者を中心に見直されており、普段から着物を着て街に出るなど、着物女子や着物男子なるニューカルチャーも生まれています

 

着物女子、着物男子のための買取サービスも充実しています。
着なくなった着物の買取については、着物買取の匠が参考になります

 

このような日本に古くから伝わるさまざまな文化を改めて学び取っていきましょう。